競馬予想でオッズは超重要!馬券に上手く反映させる5つのコツを紹介

実際に予想するときのコツ

馬券を購入する時にオッズの確認は必ず行いますよね?自分の予想がどれくらいの払い戻しになるのかの確認にもなりますし、オッズで人気が決まるので、他の人がどの競走馬を推しているのかも確認することが可能となります。

しかし、オッズに惑わされ過ぎると、競走馬の能力を見抜くことが難しくなる為、気にしないようにしているという方も多いのでは無いでしょうか。

この記事では、競馬予想を行う時にオッズを上手く馬券に反映させるコツについて詳しく解説していきたいと思います!オッズがどのようにして決まっているのかもご紹介していくので、競馬初心者の方は特にチェックしてみて下さいね。

オッズについて

オッズは競馬以外でも使われる用語ですが、競馬では人気のバロメーターにもなっている重要な要素になります。購入している人が多ければ多いほどオッズは低くなりますし、逆に購入している人が少なければオッズは高くなっていきます。

競馬では購入された馬券から控除率分の金額を排除した金額を、的中者で分配するというシステムになっている為、購入している人が多くなればなるほど一人に分配される金額は少なくなるのです。

単勝なら単勝を購入した金額を分配しますし、三連単なら三連単を購入した金額が分配されます。控除率も馬券によって異なるので、どの馬券で購入するのかは非常に重要になります。

万馬券とはオッズが100倍以上の馬券のことを言います。勘違いされている時も多いのですが、10倍の馬券に1000円賭けて1万円以上の馬券になったとしても、それは万馬券とは呼びません。

オッズが低いということは人気馬の証

競走馬の人気は単勝のオッズによって決まっていきます。購入している人が多い=人気が高く、オッズが低くなっていくのです。逆にオッズが高いということは、馬券を購入している人が少ないので、不安要素がどこかにあるはずです。

また、人気が高すぎると控除率の関係で時には1.0倍を切るオッズになることもありますが、競馬運営者が保証してくれるので、オッズが1.0倍以下になることはありません。100円の馬券を購入していれば、的中すれば最低でも100円は戻ってくるのです。

オッズと控除率の関係

競馬だけではなく公営ギャンブルには控除率というものがあります。JRAの運営費や競走馬の賞金、騎手の賞金なども、購入された馬券から賄われる為、的中者には控除率を引いた分の金額が分配されます。

例えば、1つのレースに10人が1万円ずつ馬券を購入したとして、1番の競走馬を5人が購入し2番の競走馬を3人が購入、3番の競走馬を2人が購入したとします。

1番の競走馬が勝った時には10万円を5人で分配するので、1人2万円の的中となりそうですが、控除率というものがある為、2万円の的中とはならないのです。

各馬券の控除率は以下の様になります。

  • 単勝・複勝:20%
  • 枠連・馬連・ワイド:22.5%
  • 馬単・三連複:25.0%
  • 三連単:27.5%
  • WIN5:30%

単勝では控除率が20%となるので、上記の例だと10万円の20%の2万円を引いた8万円を5人で分配することになるので、1.6万円の的中となり、オッズは1.6倍となります。オッズが1.0倍を下割ったりするのもこの控除率が関係しています。2.0倍のはずが1.6倍になると考えるとかなり大きいですよね。

オッズはこのようにして決められています。実際に、皆さんが目にしているオッズは控除率が引かれて計算されているので、的中すればそのオッズ分の配当金を受け取ることが出来ます。

オッズはリアルタイムで変動する

オッズが馬券を購入した分だけ変動するので、1秒後には違うオッズになっている可能性もあります。特に、レースの開催ギリギリまで馬券を悩む人は多いので、レース1時間前では5.0倍だったのに、パドックでの出来が良かった為、急に2.0倍まで落ちるということも多くあります。

また、テレビやサイトなどもかなり影響するので、「この馬の調教は完璧ですね!馬体が最高の状態になっています!」なんてことを有力者がコメントしただけで、一気に変動することもあります。

その為、オッズは常にチェックしておくことをおすすめします。大きなレースなどでは、購入している方も多いので、そこまで大きく変動することはないですが、平場のレースなどでは急に変化する可能性が高いのです。

オッズを上手く馬券に反映させる5つのコツ

それでは、ここからは本題のオッズを馬券に上手く反映させるコツについて解説していきたいと思います!競馬予想でオッズは大きなファクターとなるので、しっかりと確認しておきましょう。

オッズの断層を探そう

オッズには断層と呼ばれるものがあります。例えばあるレースのオッズが以下の様になっていたとします。

  1. 5番:1.8倍
  2. 2番:2.1倍
  3. 3番:2.5倍
  4. 8番:4.2倍
  5. 5番:13.8倍
  6. 1番:22.2倍
  7. 4番:50.9倍
  8. 7番:55.3倍

4番人気の8番と5番人気の5番の間にはオッズの大きな差があることが分かりますよね。これがオッズの断層です。これだけ見ると上位4頭の実力が抜けているので、この4頭を上手く馬券に絡めることが必要になります。

また6番人気の1番と7番人気の4番の間にも大きな差があり、4番・7番は切りでも良いのでは?という判断を行うことが出来ます。

しかし、5番と1番は1着はなさそうですが、3着以内には入りそうなので、ヒモには入れておいても良いかもしれないという判断をするべきですね。

オッズの順位変動を探そう

オッズの順位変動とは、単勝と複勝を比べて順位の変動を見ることを言います。上記の例で、今度はさらに複勝を付けてみましょう。

  1. 5番:1.8倍:1.1~1.4
  2. 2番:2.1倍:1.3~1.8
  3. 3番:2.5倍:1.2~1.7
  4. 8番:4.2倍:1.5~2.3
  5. 5番:13.8倍:3.2~5.6
  6. 1番:22.2倍:4.3~7.3
  7. 4番:50.9倍:6.3~10.6
  8. 7番:55.3倍:8.8~14.8

これを見ると単勝では3番人気だった3番が、複勝では2番人気となっています。この差が順位変動と呼ばれるもので、単勝では2番に劣るものの、実際には3番の方が信頼できる状態とも言えます。

このように、単勝の人気だけではなく複勝のオッズも確認し、人気が高い競走馬を探し馬券に反映させることが重要になります。

オッズの歪みを探そう

オッズは投票で決まる為、時にはセオリー通りにならない時があります。例えば馬単で購入するのか馬連で購入するのか悩んていたとします。

基本的には2頭のそれぞれの組み合わせの馬連が10倍だったならば、馬連は5倍になることが多く、馬単を100円ずつ購入するのも馬連を200円購入するのもあまり差がない時がほとんどです。

しかし、時には馬連が6倍になっていることもあり、馬単に100円ずつよりも馬連に200円賭けた時の方がオッズが高くなる時があります。

このような歪みを逃がさずに馬券を購入していけば、回収率のアップに繋がっていくので、オッズのチェックを欠かすことは出来ないのです。

異常投票を察知しよう

単勝のオッズが10倍台だったにも関わらず、急に5倍くらいになることがあります。一般の方が単勝に5万円を賭けるくらいではオッズはそこまで変動しませんが、何百万、何千万の大口入金があった時には驚くような変動をする時があります。

よっぽど自信がないとここまで大きな金額を賭けることは出来ないですよね?必ず勝つとは言い切れませんが、注目するべき競走馬ではあると思います。日本ダービーやジャパンカップ、有馬記念などG1の中でも特に大きなレースの時などは、このような大口入金が多い傾向にあるので、予想をする時にはオッズに目を光らせておきましょう!

競馬サイトにはこのような異常投票を察知するソフトも無料で提供されていたりするので、気になる方は利用してみてはいかがでしょうか?

馬券を購入するべきか判断しよう

オッズは最終的に馬券を購入するべきかどうかの判断にもなります。自分が予想した馬券のオッズがあまりにも低い時にはスルーすることも必要になります。

オッズが低すぎると、もちろん的中した時の配当金も下がってしまうので、リスクだけが大きくなってしまい、馬券のバランスが崩れてしまいます。

例えば1万円のプラスを出したいと思った時に、1.1倍のオッズでは10万円かける必要がありますが、10倍なら1000円の投資で済むのです。1.1倍の競走馬が勝つ確率は高いかもしれませんが、外れた時のことを考えるとなかなか難しいですよね。日本競馬最高レベルの名馬のディープインパクトは、毎回のように単勝オッズが1.1倍から1.3倍くらいでしたが、それだけの実力があったので例外とも言えます。

自信がある時には買うべきかもしれませんが、外れる可能性もある時には勇気ある決断が競馬には重要になると思います。むしろ、自分が予想した馬券のオッズが思ったよりも高い時には、積極的に狙いに行くべきだと思いますよ。

まとめ

今回は競馬予想をする時にオッズを馬券に反映させるコツについてご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

オッズからは様々な情報を読み取ることが出来るので、初心者の方は特に参考にするべき要素だと思います。

しかし、オッズはあくまでも人気のバロメーターであり、勝つ確率ではないということは覚えておくべきだと思います。1番人気の競走馬でも、勝率は33%程度なので3回に1回しか勝利していないのです。

オッズが1.6倍と聞くと凄い支持されているように感じますが、そこには控除率の罠があり、意外と馬券は変われていないという認識でも良いと思います。控除率の関係でオッズは低くなってしまうので、そのことは忘れてはいけません。

オッズが高くても好走しそうな競走馬をしっかりと見抜くことが競馬には必要になるのです。今回ご紹介したコツを利用して、オッズから馬券の予想をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました